小 春 日 和

だめなひとの雑記帳

いいないいな

いつも服買うときって自分の似合う系統と着たい系統がイマイチ合わなかったんだけど、最近合うようになってきたというか、それに自分が近づいてきたと言うか。

こういうのいいなーなんて、発見したお気に入りのサイトで色々探してみたり。

コーディネイト例がたくさんあるから、ファッション雑誌見てるみたいで楽しいんですよ。

こういうのとか。

うちは母親が完全に子供を可愛いものまたはオンナとして見てたから、子供の頃はひらひらしたのばかり着せられたけど、それを嫌だと言うようになってからは、あれはおかしいこれはどうだ、スカート短くして馬鹿みたい、太い足晒して!とか、それはもう色々言われて、どんどんボーイッシュな方に走ってたんですよね。ロックとか。それはそれで好きだったけど。
後々、あんたはピンクの方が似合うとか色々言われるもんだから、だってああ言うじゃん!って言うと、"着たい人はそんなの気にせずに着る"っていう訳分からんことを言われました。
それはどれにでも言えることで、趣味とか勉強とか。
ドロップアウトした環境でもあれがやりたいと勉強したりしてた時は、それはもう悲愴ぶって、勉強の邪魔する子が学校に行けてあなたが勉強できないなんてかわいそう!と1人でヒロインごっこしてらっしゃいました。

お前の育て方も関わってるんだよ、なんて言ったら何が飛んでくるか分からない…のは小学校までで、それ以降は寧ろ飛ばしてた時期もありました。そういうところが同じだったのも、結構嫌だったり。今はさっぱりないけれど。

あ、因みに今は確かに原因は親にもあるけど、それをどうにかするのはもう自分の責任ってことで、のんびりだめな人やってます。
こんな話をしたい訳ではなかったんだけど、これも一つの清算として、吐き出したままにしておきます。

 

今は好きなように着たいものを着て、食べたいものを食べて、やりたいことをやって、書きたいもの・描きたいものをかいて、読みたいものを読んで、あら結構幸せ?なんて楽しんでみたり。

クローゼットノートもはかどります。

新しいものを購入したら何かを捨てるルールを作ってみたりとか。

そうしてみると、着ないのにもったいなくて捨てられないとか、そういうのは減ってきた気がする。

厳選してみたりとか。

最近のポイントは綿100%ですw