小 春 日 和

だめなひとの雑記帳

いつまで?

f:id:harudama:20140803171656j:plain

何かそういうものがあるのだと思うのですが、たまにHNを変えたくなります。

気付かれた方ももしかしたらいるかもしれないのですが、こっそりと変えてみました。

我が家のニート2号の名前からもじりました。因みに1号も居ます。

もう2匹は観賞用として充分働いているので、カウントしないことにします。

 

何か変わる度に何かが欠けていくようで、増したものがあれば減ったものもあるようで、その触れ幅が都度大きくなっているようで、どうしたものかなあと悩んだり悩まなかったり。

AとBに分裂しちゃうんじゃないかってほど。

そういうものを含めて1人な訳だけど、個々を完全に別物にしてパチパチ切り替えたら人格増えちゃったりするのかなーとか。

 

死んじゃったら何もなくなってしまうんだろうなあって考えたら、形見の色鉛筆も躊躇なく使えた。どうせ持ってけないしなあって思ったら、必要なものなんて何もなかった。その身一つで無責任に消えてしまえる気がした。それは怖いに近くて少し違って、"そういうものなんだ"と納得できるものではあったけれど、そうすると本当に無になっちゃうのかなあというなんとも言えないものだった。

今、いつもと違った見え方をしている。ぴったりと隙間なく入れ物におさまっている。遠すぎず近すぎず、自分の目で物を見ている。ちょっと、戸惑っている。

1号がすごくふわふわで可愛いいきものに見える。実際そうなんだけど、やっぱり、いつもと違うし存在感もちゃんとある。そのニートたちも置いて、どこかにいける気がする。これは全部ほんとうのことで私の身にリアルタイムで起きていて、何故かそれをこうやって必死に打ち込んでいる。生きているのかって言われたら分からない。

ここまで書いて、大分落ち着いた。なんだったんだろうなあ。