小 春 日 和

だめなひとの雑記帳

【追記】トラベラーズノートと目玉焼き

 299日前のお話。

トラベラーズノートが届きました。 - 小 春 日 和

f:id:harudama:20140813111848j:plain f:id:harudama:20140813111905j:plain

前は少しもさっとしていたのが、大分馴染んできたような気がします。

手にハンドクリームを塗るついでにくるくると撫で回していたせいでしょうか。

結構、かわいらしい。これが。

見た目で私の趣味が分かりそうではあるのですが、それはそれでいいとおもいます。

休日ノートにはいつも、「□仕事のことは忘れる」と書いてありました。

そこに、レがついたことはありませんでした。

今も、今の仕事のことを休みの日に思い出します。ただ、今までと違うのは、それがとても楽しいことなのです。

言葉を操る。今まではここの人に操られていたのか、と思いながら。

 

目玉焼きには何でもかける。

塩だったり、胡椒だったり、醤油だったり。ソースも試した。食べるラー油が流行った時も、乗っかってみた。

派閥があるようで、そこに入っている人たちには怒られるかもしれないが、どれも美味しい。

今日は塩とか、しばらくは胡椒かな、とか。

どれがいいとかじゃなくて、それぞれがいい。

そういう花の歌があったけれど、あれは論外だ。

店に並ぶ時点で選ばれているじゃないか。

タンポポや筑紫があそこに並ぶか?並ばないだろう。少なくとも私は見たことがない。そういうものを綺麗ごとというのだと、当時思っていた。

別に彼らが嫌いなわけではない。特別好きというわけでもないが。どうでもいい、といったところか。

例えば岩塩を見かけたら、お!かけてみようとなるだろう。例えばオオイヌノフグリを見かけて、お!うちの店に置こうなんてなるだろうか。

訳が分からないと思う。私も分からない。

目玉焼きには選ばれもしないシナモンとか、花屋に並びすらしないオオバコとか、そういうものがいいのだ、私は。私がぽいっと何かを放り投げてそのままにしておいて、たまに奇特な人が、「おまえ、いいなあ」と思ってくれれば、それでいいのだ。

 

 

コンビニに行ってきた。相変わらず、微熱は出たままだ。もう2ヶ月こえている。夏は大体いつもこうだ。

部屋がそんなに暑さを感じなかったせいか、外に出ると結構暑いものの自分の体温よりは低く感じて、触れた暑さに火がついて更にエネルギーになるような、そんな感じだった。

熱い。冷房をつけるとすぐに冷える。消す。熱い。そんなことばかり繰り返している。