小 春 日 和

だめなひとの雑記帳

いきるのは大変だ

いつの間にか生活のペースが出来上がっていて、毎週末にせっせと弁当につめる為のおかずを作る。家でご飯を食べるのは、朝の1回だけ。つまり2回分、1週間で10回分の弁当を作らなければならない。配分を間違えると金曜の弁当が悲惨なことになり、場合によってはコンビニ飯になり、何のために弁当を作っているのか…ということにもなり兼ねない。

 

しめじが好きだ。パックから出して房を分けるときの、根元に「ついてきました!」と言わんばかりの小さな小さなしめじ達が好きだ。ついてきたのに、食べられる時には切り落とされてしまうしめじ達が好きだ。ついて来たのに切り落とされて捨てられるだけの運命というのは、なかなか好きだ。

単純に、収穫された段階ではまだ生えていなくて、出荷までの間にちょろっと大きくなっただけかもしれないが。

f:id:harudama:20141011152032j:plain

という訳で、ソテーになっていただいた。

 

話が半分ほど変わるけれど、最近、お腹のハリに悩んでいる。便秘だとかそういうことではない。調べると、ストレスや食生活で腸にガスがたまることがあるらしい。ここまで気になるほど張ったのは過去にあったかなかったか忘れたが、そんなに頻繁にあるようなことではなかった。原因の中に思い当たることもあり、その1つが肉だった。肉は安い。鶏胸なんかは最安値の時はg37円などで買える。そして美味しい。ぱさぱさするなんて言うが、調理法次第でしっとりとするし、モモよりあっさりしていて食べやすい。モモが嫌いなわけではないが、胸の美味しい調理法を知ってしまうと、そちらで充分に満足してしまうのだ。豚肉もたまに安くなるし、アスパラをまいたりするだけで立派にお弁当のおかずになるので、重宝していた。ハンバーグだって作る。大して魚は、高い。たまに鮭なんかは安くなっていたりするが、それくらいだ。余裕のあるときに1種類買うくらいである。そして植物性たんぱく質。これもあまり取れてないことに気付いた。この食品は好きな上に安いので、取り入れていこうと思う。そんな状況だったので、おかずの7割ほどは鶏肉・豚肉だったのだ。何より筋肉やたんぱく質が大好きな私にとって、欠かすことが出来ない。たんぱく質がない食事なんて発狂しそうだ。(別に偏食なわけではなく、基本的に今までの記憶で95%のものは美味しく頂いている自信はある)

こういう生活が、腸に負担をかける原因の1つになっていたのだろう。

生活ペースも安定してきたことだし、次は食生活を安定させようということでもう少し野菜にまみれることにした。(野菜が嫌いなのではない、高くてたくさん買えなかったのだ)