小 春 日 和

だめなひとの雑記帳

お菓子をくれたから悪戯をしてやろう

そんな日があってもいいと思う。


記憶力が強い方だとは、以前書いたと思う。もちろんあれから変わってはいないのだが、変化に気付いた。
忘れているわけではないが、必要以上に思い出さなくなってきている。と言っても、あくまでも以前よりはというだけで、全く思い出さない訳ではない。

新しい仕事を始めて、3ヶ月が経った。体を使わない仕事は初めてで、記憶と理解を一致させるのに随分かかってしまった。前職までは理解さえすれば記憶はついてくるし、作業に関しては動けさえすれば記憶と一致させることが出来たためだと考えている。
それが焦りを生み、些細なミスが増え、更に焦り…の悪循環だった。

何気ない会話のなかで、寝たらころっと忘れるタイプだよねと言われた。以前の私なら心の中で全力で否定するのだが、今回は、そういえば…と思えるようになっていた。全く思い出さない訳ではないにしろ、必要以上に思い出す頻度が明らかに低くなっているのだ。
自分の楽しみ方を持っているとも、よく言われる。これは自覚している。人から言われるまで、長けているという認識はしていなかったが、どうやらそうらしい。
単独で行う業務なので、尚更その面が活きる上に、余計なことで神経をすり減らすこともないから、本来の機能が上手く働けているのだろう。

環境も、とても良い。多分すぐに、上手く泳げるようになるだろうと思う。