小 春 日 和

だめなひとの雑記帳

2014年最後の買い物

1500円ほどの野菜と卵、それから豆乳に鶏肉1Pを買って帰ってきた。昔流行った脂肪燃焼スープは野菜が取れる上に美味しいので、年末年始の休暇を過ごすための食事に取り入れた。セロリなんかは給食くらいでしか食べることがなく、食わず嫌いではないけれども、どう扱ったらいいのか分からない食材の1つだった。未だにわからないが、このスープには美味しいから入れる。レシピ通りだとたんぱく質が明らかに足りないので、鶏肉を足すか、思い切ってベーコンにするかで悩んでいる。大豆を入れてもおいしそうだ。

 

もう一つの買い物が、これだ。

あひるとブタもあり、かなり悩んだのだが、ハリネズミにした。職場で活用しようと思う。こういう職場だから、付箋だのの事務用品の類は一式ロッカーにまとめてあるのだが、他の人が使っているのを見て"ふふっ"となるのが好きなので、好きなものを購入して使ってしまう。ほんの数百円で自分が楽しくなり、誰かの"ふふっ"を発生させる可能性を手に入れられるのなら、安いものだと思う。

そういうことばかりしているから、「仕事が楽しいという面では、全然心配してないんだけど」と面談で言われるのだろう。間違いない。

私は基本的に、何でも楽しめる要素を見つけられると言うラッキーな性格をしている。原稿のちょっとした部分で、5分は笑っていられる。そんなことをしていては仕事が進まないので、すぐに切り替えるようにはしているが。

それは殆ど理解されることはないが、自分が楽しいので、それでいい。

でも、そらの内の5%でいいから共有できる人が1人でもいたらいいのに、と、常々思っている。

サイドのブラシが短い腕みたいで可愛い、という理由でココロボが欲しい。「おかえり。」って言われたい…。