小 春 日 和

だめなひとの雑記帳

近況

最後に涙を流したのは、1ヶ月以上前だったか。
目が乾燥していることにすっかり慣れきってしまい、目には涙腺があるということもまた、すっかりと忘れきってしまっていた。
安定しているように感じるのに実はきれいな不安定のままで、薬を減らしたいという思いだけが先走り、もらった袋には、エビリファイという文字と導入方法がボールペンで書かれていた。

それが抗鬱剤ということや統合失調に効くということだけは知っていたのだが、どうやらフラッシュバックにも効くらしい。
これで楽になるのだろうかと期待もするが、やはり、何も飲まずに普通に生きたいと思うのである。
その帰り道に、それまでは何ともなかったのに、急に涙腺が緩みだしてきた。
涙を流すという行為には目を洗浄する効果もあるので、それを期待して無理矢理泣こうとしても全然泣けなかったのに、である。
みっつ前の停留所で降りてスーパーをあさり、本来の停留所へ着くころには、最寄りの方面へのバスがあと十数分で着くであろうところだった。
今日は、乗り継ぎの運がとても良い日だった。寒かったので、ありがたい。

帰るときには確かにラーメンが食べたかったから袋ラーメンを買ったのに、お湯が沸くころには食道の気持ち悪さしか残っていなかった。
食べてみたけれど、やっぱり、期待したものではなかった。
また、食べ物の味が分からなくなっているのだろうか。

そんな毎日を送っている。
気は、とても楽だ。もちろん考えることは山積みだけれど、それでも、ずいぶん楽だ。
体は、よくわからない。きちんとご飯を食べているつもりでも、体重が減っていた。思い出すと、確かに1日2食以下の日がある。訳が分からない。
何が追い付いていて、何がおいていかれているのか。それとも実は、何も追い付いていないのではないのか。

こういう文章を書きながら何を考えているかというと、おそらく私自身は何も考えていなくて、私の中の電光掲示板が、私が認識できていないことを言語化しているように感じる。
私はただ、電光掲示板が示すとおりに打ち込んでいるだけなのだ。
何かが浮かぶということは、そういうことなのかもしれない。

涙がとまった。

どうやら、目の洗浄が終わったらしい。

 

久々の外や人とのやりとりは、とても疲れる。

同じような人たちであれば何も気にならないのに、そういう人たちが増えたから、なおさらギャップを感じるようになってしまった。

光が強くなれば、である。

まともじゃない方でまともに生きることを求めているのに、定期的に、悪いことをしているかのように感じることがある。

今日が特にそうだ。

何でもないことに悪意を感じる。それは、自分が悪いからだという謎の罪悪感が、いまだに離れない。