小 春 日 和

だめなひとの雑記帳

遠心力

ゲーム機を開いて起動し、少し眺めては閉じ、本を取ろうと起き上がっては悩み、寝ようとしては起き上がり、出かけようとして着替えを手にとっては元に戻す…そんな、何かにぶんぶんと振り回されているような生活を送っている。なんだか最近のこのブログは鬱日記みたいになってしまっているが、それはそれで仕方ないのかなと思わなくもない。面白くはないのだろうけれど。

薬のおかげでフラッシュバックは大分ぼんやりとしたものになったが、薬の副作用なのかそうでないのか微妙なところではあるが、だるくて床や布団にへばりついて離れられなくなってしまうという困った問題もある。

ニート1号こと犬は私が家にいることに完全に慣れてしまい、ちょっとした買い物ですら寂しそうにして見せるようになった。いや、それは元々かもしれない。

 

こういう状態だから視界もさぞぼやけるんだろうと思っていたのだけれど、ここ半月くらいはずっと、オートフォーカスでもついているかのようにぴったりと、ピントが合っている。目と物の距離が、実際の映像と一致しているとき、私はピントが合うという風にとらえている。そうでないときは、背後の30度くらい上から見下ろしているような、ぼんやりとした視界の中で過ごしている。

自分を他人視しているから怪我をしてもあまり鋭い痛みはこないし、それは心も同様で、調子が悪い時には自分でも呆れるくらい攻撃的になったりもするから、困る。

虐待やなんかの記憶もそうやって守ってきたので、こういう時にフラッシュバックがくると、ちょっと苦しかったりもする。だから何だ、という話なのだけれども。

だからと言って別に私かわいそうだなんて思わないし、ただただ生きづらい体に生まれたもんだと思いながら、いかに上手く操縦するか考えるだけなのである。その考えるという部分が、鬱のせいでイカれてるんだけれど。

あえてこういう書きかたにすることで、多少なり認知効果があるのではないかと思ってそう書いてみた。自分を責めるのはよくないらしい。無意識に責めていたりするから厄介で、そういうところも直さなければならないのだと思う。

 

そしてこういうことを書くと大体、それ、医者に言えばいいじゃないかという内容になるので、恐らくこの日記も印刷して切り抜いて貼り付けて、持っていくことになるのだろう。やれやれ。