小 春 日 和

だめなひとの雑記帳

明けましておめでとうございます、すらも

書いていなかった先月だったのだなと、今ぼんやり感じている。

文章の書き方「なんてどこかにすっ飛んでしまったようで、自分の中に何もなくなってしまったようで、なんだかぽっかりと穴の開いたような感覚だ。

今年も、手帳を買いました。

ほぼ日手帳オリジナルと、WEEKSのサンドベージュ。

なんとか来年から働くことが決まって、そのためにWEEKSを追加。

メモページが多いから、メモにもできるんじゃないだろうか、と考えている。

オリジナルは、使いこなせるか分からないけれど、前みたいに使えたらいいなぁなんて思っている。

 

私の中からどんどん色んな興味が消えていって久しいのだけれど、手帳を買おうと思うようになるくらいまでには回復してきてるようで。

仕事も手帳も、頑張りすぎずにやっていけたらいいなぁ。

 

それでも覚えていたようで

書いたら書いたで覚えていてくれるのだから、はてなはあまのじゃくか何かなのかもしれない。

久々にログインしたはてなは、しばらく何も書いていなかったにも関わらず、今月のPVが100を超えたことをお知らせしてくれていた。

ブログの存在は頭の片隅にずっとひっそりと佇んでいる程度には覚えていたのだけれど、なかなか書けなかった。

電光掲示板は、気まぐれにガタガタと動いていたように思う。ただ、前のように書けるかどうかが分からなくて逃げていたのかもしれない。

元々大した文章など書いていないのだから、逃げるも何もないのだけれども。

 

昔から、こうはなるまい、ならないだろう、と考えた方向に物事が進むことが多かった。潜在意識に沿って行動していると言われればそれまでなのかもしれないけれど、つまり今、そういう生活をしている。

必要であってこうなっているのだろうと頭で考えることは容易いのだけれど、なかなかいろいろなことがついてこず、ADHDの二次障害をひきずりながら、なんとか生きてしまっている。早い話が、ぐちゃぐちゃである。

 

どうしたものか…そればかりがぐるぐると頭の中をせわしく飛び回っている毎日だ。

休止中

いつもなら気まぐれに文字を流しだす脳内の電光掲示板が休止してしまって、しばらく経つ。

文章どころか、好きなこと、好きな食べ物、やりたいこと、楽しいこと、その他いろんなことが分からなくなってしまって、途方に暮れている。

元に戻りそうな兆しがほんの少しだけあるものの、なかなか着火せずに、もどかしい気持ちだけがただぐるぐると回り続けている。

そんな毎日も、もう何ヶ月目だろうか。

ADHDの相方に鬱状態というものがあることはよく分かったのだが、肝心の飼いならし方は分からないままである。

生きづらさの正体が分かっただけよかったのかもしれないけれど、それでも、生きづらいなりに楽しく過ごしていた時期もあった訳で、それを追いかけたくなってしまう。

電光掲示板が休止してしまっているから、文章すらろくに書けない。

こんな状態でまた元の生活に戻すことができるのかな、なんて考える。

別の生き方を見つければいいのだけど、自走できる自信がない。どうしたもんか。

 

あぁ、やっぱりか。

1年前はどうしていたのだろうかと、過去の記事を掘り返してみた。

それっぽくやっているように見えて、実は、ある意味で最強に空気が読めていなかったのではないかと、ゾッとしてみたりしている。

まぁ、そうしたところでどうしようもないのだけれど。

先日の通院で、「知ってよかった、大人のADHD」という本をすすめられた。

先の記事で普通の範囲内だと書いているのだが、どうやら、ADHDだったらしい。

生きづらさの理由が半分はっきりしたものの、どうしたらいいのか、困惑していたりする。

とりあえず、本を読んで向き合うところから始めてみようと思う。