小春日和

だめなひとの雑記帳

やすみやすみ

生きている。そんな感じだ。

といっても休みの方がずいぶん長くて、じゃあ一体いつ生きているのかって言うと、また絵の練習ができるようになったとか、小さな目標ができたとか、そういうところなので、実はそんなに生きていないのかもしれない。

頭の中の電光掲示板もすっかり休みモードだ。

今まではこうやってPCに向かうと何かしらを垂れ流してくるので、それをカタカタと打ち込むだけだったのだけれど、今は流れたとしてもすぐに途切れてしまう。

たぶん、薬のせいだろうなあと思う。

感情の起伏がなくなって、おだやかといえばとても穏やかなのだけれど、好きなことにもあまり反応できないし、テンションが上がったかと思っても、それはどこか上から押さえつけられているような感覚で、そんな自分をすぐに俯瞰して見てしまい、上がりかけたテンションは逃げるように引っ込んでいってしまうのだ。

つまらない。

とても、つまらない。

何のために生きているのだろうかとさえ思う。

そんな中で久しぶりに絵の練習をしようと鉛筆とノートを出して、数ページも進められたのだから、これはとてもすごいことなのではないかと思う。

 

感情の起伏がないと書いたが、感受性はたいそう豊かで、ちょっとしたことで勝手にこみあげて涙が出てしまうので、これも困っている。

副交感神経が大分優位になっているのだろうか。

いつかは、写真の展示をやっているアトリエで涙が出てきてしまって、とても焦った。

 

薬をやめてしまえば、ある程度活き活きと生きられるのだろう。

半年くらい薬を抜いていたことがあったけれど、その時は元気だった。仕事をしなければ。

ただ、衝動性が高く、何かしらをやり過ぎてしまう面があるので、人間が絡むことは避けた方がいいのかもしれない。

数年前には、やっと乗りこなせるようになったと思ったこの体だったのに、今ではどう操縦していいやら分からないどころか、分からなさ過ぎて頬化の誰かが操っているのではないかという気さえする。そんなことはたぶんないのだろうけれど。

来年は、もう少し生きていればいいなあと思う。

そんな、11月の末。